Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト利用者は9.6% - 1年強で3倍弱の増加

2007年9月の時点でファイル交換ソフトの利用者は9.6%に上ることがわかった。2006年6月の3.5%から大きく上昇している。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、日本レコード協会(RIAJ)、日本国際映画著作権協会(JIMCA)の3団体が、2007年9月に実施した「ファイル交換ソフト利用実態調査」により判明したもので、ダウンロードファイル数、アップロード経験者数、ファイル数などいずれも増加したという。

もっとも利用されているファイル交換ソフトは「Winny」で全体の27.0%にのぼる。「Limewire(18.8%)」「WinMX(15.0%)」「Cabos(13.1%)」「Share(11.0%)」と続いた。

過去1年の平均ダウンロード数は481ファイルで、なかでも「音楽関連(211.3ファイル)」と「映像関連(183ファイル)」が突出して多かった。また利用者の約3分の1がファイル共有の経験があり、経験者のほとんどが調査時点でもすぐに共有できる状態だったという。

「Winny」や「Share」では、流通するファイルの5割から6割が著作権を侵害したファイルであることも判明しており、今回の利用者急増との結果を受け、3団体では著作権侵害行為も増加していると推測しており、悪質なファイル交換ソフト利用者に対する権利執行を含め、対策を強化する方針だという。

(Security NEXT - 2007/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず