Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト利用者は9.6% - 1年強で3倍弱の増加

2007年9月の時点でファイル交換ソフトの利用者は9.6%に上ることがわかった。2006年6月の3.5%から大きく上昇している。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、日本レコード協会(RIAJ)、日本国際映画著作権協会(JIMCA)の3団体が、2007年9月に実施した「ファイル交換ソフト利用実態調査」により判明したもので、ダウンロードファイル数、アップロード経験者数、ファイル数などいずれも増加したという。

もっとも利用されているファイル交換ソフトは「Winny」で全体の27.0%にのぼる。「Limewire(18.8%)」「WinMX(15.0%)」「Cabos(13.1%)」「Share(11.0%)」と続いた。

過去1年の平均ダウンロード数は481ファイルで、なかでも「音楽関連(211.3ファイル)」と「映像関連(183ファイル)」が突出して多かった。また利用者の約3分の1がファイル共有の経験があり、経験者のほとんどが調査時点でもすぐに共有できる状態だったという。

「Winny」や「Share」では、流通するファイルの5割から6割が著作権を侵害したファイルであることも判明しており、今回の利用者急増との結果を受け、3団体では著作権侵害行為も増加していると推測しており、悪質なファイル交換ソフト利用者に対する権利執行を含め、対策を強化する方針だという。

(Security NEXT - 2007/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市