Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話のフィルタリングは原則利用 - 不要時は保護者に意思確認

総務省は、携帯電話事業者に対し、子ども向けフィルタリングサービスの普及促進を要請した。電気通信事業者協会や主要4社は今回の要請を受け、取り組みの強化を推進する。

総務省が要請したのは、18歳未満の新規契約者や既存契約者に対して原則フィルタリングサービスを適用し、利用しない場合は保護者の意思確認を求めるもので、使用者が18歳未満の場合についても、契約者に対して確認を実施する。またフィルタリングサービスの利用者数を定期的に公表することなども求めた。

携帯電話事業やPHS事業を展開するNTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの4社では、従来より「有害サイトアクセス制限サービス」を無料で提供しているが、今回の要請を受け、フィルタリングの設定推進や販売店への啓発活動など取り組みを強化する。

(Security NEXT - 2007/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ