Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話のフィルタリングは原則利用 - 不要時は保護者に意思確認

総務省は、携帯電話事業者に対し、子ども向けフィルタリングサービスの普及促進を要請した。電気通信事業者協会や主要4社は今回の要請を受け、取り組みの強化を推進する。

総務省が要請したのは、18歳未満の新規契約者や既存契約者に対して原則フィルタリングサービスを適用し、利用しない場合は保護者の意思確認を求めるもので、使用者が18歳未満の場合についても、契約者に対して確認を実施する。またフィルタリングサービスの利用者数を定期的に公表することなども求めた。

携帯電話事業やPHS事業を展開するNTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの4社では、従来より「有害サイトアクセス制限サービス」を無料で提供しているが、今回の要請を受け、フィルタリングの設定推進や販売店への啓発活動など取り組みを強化する。

(Security NEXT - 2007/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中