Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、ボット対策に特化した「ノートン・アンチボット」を発売

シマンテックは、ボットの検出、駆除に特化したセキュリティ対策ソフト「ノートン・アンチボット」のダウンロード販売を開始した。

同製品は、ボットネット対策に特化したコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。コンピュータ内のアプリケーションやプロセスを監視し、リアルタイムでボットウイルスを検出、駆除する。

不審なふるまいを監視し分析することで、ウイルスの挙動を検知して駆除するヒューリスティックエンジンを搭載。さらに侵入防止やシグネチャを使った検出など複数の技術を組み合わせることで、未知既知を問わず、ボットを含む各種マルウェアをブロックする。

価格は3990円。1ライセンスでパソコン3台まで利用可能。「ノートン・インターネットセキュリティ2008」とのセット販売も予定している。価格は1万290円。

(Security NEXT - 2007/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区