Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

圧縮ソフトやグリーティングカードを装ったトロイの木馬がまん延 - 亜種多いため定期的なスキャンを

ウェブルート・ソフトウェアは、7月のスパイウェアランキングを発表した。動画の圧縮ソフトやグリーティングカードを装ったトロイの木馬がまん延しているほか、多重感染を引き起こす「Zlob」も依然として2位にランクインしている。

ユーザーの気付かないうちに不正なサイトへのアクセスを誘導する「Hachilem」や、ほかの不正プログラムをダウンロードさせて多重感染を引き起こす「Zlob」、感染すると攻撃者にコンピュータを乗っ取られる「Poebot」など、危険度が「非常に高い」とされるトロイの木馬が依然としてランキングの上位を占めた。

また今月は、動画の圧縮ソフトを装ったトロイの木馬「NewMediaCodec」が発見された。感染するとデスクトップに「Your Privacy is Danger」という文字を表示し、ほかのトロイの木馬やアドウェアのランキングに入っている「DriveCleaner」「WinAntiVirusPro」など偽のセキュリティソフトをインストールさせる。

また、グリーティングカードを装ってトロイの木馬に感染させようとするスパムメールが多数流通しているという。亜種の出現が頻繁で定義ファイルが間に合わないケースもあることから、セキュリティソフトの定期的なシステムスキャンを同社では勧めている。

さらにアドウェアでは、偽セキュリティソフトの広告を表示する「Virtumonde」が先月に引き続きトップ。システムモニタでは、システム上のすべてのパスワードを記録する「Password Spectator」が、先月の4位からトップに上昇した。いずれも危険度が「非常に高い」もので、注意が必要だとしている。

同社がまとめたアドウェア、トロイの木馬、システムモニタのトップ10は以下のとおり。

アドウェア

1位:Virtumonde
2位:DriveCleaner
3位:System Doctor 2006
4位:GAIN
5位:WhenU SaveNow
6位:WhenU Save
7位:WhenU
8位:Mirar WebBand
9位:InternetOptimizer
10位:Webhancer

トロイの木馬

1位:Trojan Hachilem
2位:Trojan Downloader-Zlob
3位:Trojan-Backdoor-Poebot
4位:Trojan Rbot
5位:Trojan-Pushu
6位:Trojan Agent Winlogonhook
7位:Trojan-Mespam
8位:Trojan-Backdoor-TheCon
9位:Trojan.Gen
10位:Trojan Legmir

システムモニタ

1位:Password Spectator
2位:ICUSurf
3位から10位は該当なし

(Security NEXT - 2007/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず