Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「POP before SMTP」から「送信者認証」へ移行 - DION

KDDIは、インターネット接続サービスDIONにおいてメール送信時の認証方法を「送信者認証」へ完全に移行すると発表した。

従来より、送信前にPOPサーバへログインすることでSMTPサーバの利用を許可する「POP before SMTP」を提供してきたが、迷惑メール対策を強化するため「SMTP AUTH」へ移行するもの。「POP before SMTP」は11月より順次終了し、2007年度末には完全に提供を中止する。

KDDI
http://www.kddi.com/

(Security NEXT - 2007/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導