Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「POP before SMTP」から「送信者認証」へ移行 - DION

KDDIは、インターネット接続サービスDIONにおいてメール送信時の認証方法を「送信者認証」へ完全に移行すると発表した。

従来より、送信前にPOPサーバへログインすることでSMTPサーバの利用を許可する「POP before SMTP」を提供してきたが、迷惑メール対策を強化するため「SMTP AUTH」へ移行するもの。「POP before SMTP」は11月より順次終了し、2007年度末には完全に提供を中止する。

KDDI
http://www.kddi.com/

(Security NEXT - 2007/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正