Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MCAに「セキュリティ科目Windows Vista対応版」を追加 - MS

マイクロソフトは、同社製品の認定資格プログラム「マイクロソフト認定アソシエイト(MCA)」に「セキュリティ科目Windows Vista対応版」を追加、7月1日より認定試験を開始する。

同試験は、一般的な知識と同社製品操作の知識を問う認定プログラムで、不正アクセスをはじめとするセキュリティ関連の最新事例やセキュリティ情報のほか、更新プログラムの取得、適用方法、Windows Vistaを使用した設定方法などを確認するないようとなっている。

認定試験は、コンピューターベーステストで提供され、全国のテストセンターで受験できる。またトレーニングは2日間の講義形式にて、全国のMCAトレーニングセンターで提供される。

(Security NEXT - 2007/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市