Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MCAに「セキュリティ科目Windows Vista対応版」を追加 - MS

マイクロソフトは、同社製品の認定資格プログラム「マイクロソフト認定アソシエイト(MCA)」に「セキュリティ科目Windows Vista対応版」を追加、7月1日より認定試験を開始する。

同試験は、一般的な知識と同社製品操作の知識を問う認定プログラムで、不正アクセスをはじめとするセキュリティ関連の最新事例やセキュリティ情報のほか、更新プログラムの取得、適用方法、Windows Vistaを使用した設定方法などを確認するないようとなっている。

認定試験は、コンピューターベーステストで提供され、全国のテストセンターで受験できる。またトレーニングは2日間の講義形式にて、全国のMCAトレーニングセンターで提供される。

(Security NEXT - 2007/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン