Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、5月のセキュリティ更新プログラムは7件 - 最大深刻度は「緊急」

マイクロソフトは、5月9日に月例のセキュリティ更新プログラム7件を公開する予定だ。

同社の事前予告によれば、Windowsに関する更新プログラムは2件で最大深刻度は「緊急」。また「Office」に関するものが3件、「Exchange」「CAPICOMおよびBizTalk」に関するものがそれぞれ1件ずつ公開する予定。これらについても最大の深刻度が「緊急」となっている。

さらに同社では、Windows Updateなどを通じて「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」についても公開を予定しているほか、セキュリティ関連ではないアップデートについても7件の公開を予定している。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ