Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、5月のセキュリティ更新プログラムは7件 - 最大深刻度は「緊急」

マイクロソフトは、5月9日に月例のセキュリティ更新プログラム7件を公開する予定だ。

同社の事前予告によれば、Windowsに関する更新プログラムは2件で最大深刻度は「緊急」。また「Office」に関するものが3件、「Exchange」「CAPICOMおよびBizTalk」に関するものがそれぞれ1件ずつ公開する予定。これらについても最大の深刻度が「緊急」となっている。

さらに同社では、Windows Updateなどを通じて「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」についても公開を予定しているほか、セキュリティ関連ではないアップデートについても7件の公開を予定している。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー