Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員宅から個人情報213件がWinny流出 - 農水省

農林水産省の職員自宅から個人情報がWinny経由で流出していたことがわかった。

同省九州農政局に務める職員の自宅パソコンからWinny経由でファイルが流出したもので、4月9日に判明した。同局によれば、流出したのは、熊本県内における農産物の登録検査機関の登録事項に関するデータで、機関の代表者氏名23名分のほか、検査員の氏名や住所、生年月日など190名分の個人情報が含まれるという。

同職員は、2005年1月に書類作成のためにデータを持ち帰ったが、作業後もそのまま削除せずに放置。その後家族によってインストールされたWinnyを通じて、インターネット上へ流出したと見られている。

11日の時点で、今回の漏洩事故による個人情報の不正利用などは報告されていないという。同省では、関係者へ事情を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
「Zaif」への不正アクセス、被害額を約70億円に修正 - 送金先アドレスから推計
上半期のサイバー犯罪検挙、4183件 - 仮想通貨の不正送金が大幅増
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開