Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員宅から個人情報213件がWinny流出 - 農水省

農林水産省の職員自宅から個人情報がWinny経由で流出していたことがわかった。

同省九州農政局に務める職員の自宅パソコンからWinny経由でファイルが流出したもので、4月9日に判明した。同局によれば、流出したのは、熊本県内における農産物の登録検査機関の登録事項に関するデータで、機関の代表者氏名23名分のほか、検査員の氏名や住所、生年月日など190名分の個人情報が含まれるという。

同職員は、2005年1月に書類作成のためにデータを持ち帰ったが、作業後もそのまま削除せずに放置。その後家族によってインストールされたWinnyを通じて、インターネット上へ流出したと見られている。

11日の時点で、今回の漏洩事故による個人情報の不正利用などは報告されていないという。同省では、関係者へ事情を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の国内セキュリティソフト市場、前年比3%増見込み
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計