Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員宅から個人情報213件がWinny流出 - 農水省

農林水産省の職員自宅から個人情報がWinny経由で流出していたことがわかった。

同省九州農政局に務める職員の自宅パソコンからWinny経由でファイルが流出したもので、4月9日に判明した。同局によれば、流出したのは、熊本県内における農産物の登録検査機関の登録事項に関するデータで、機関の代表者氏名23名分のほか、検査員の氏名や住所、生年月日など190名分の個人情報が含まれるという。

同職員は、2005年1月に書類作成のためにデータを持ち帰ったが、作業後もそのまま削除せずに放置。その後家族によってインストールされたWinnyを通じて、インターネット上へ流出したと見られている。

11日の時点で、今回の漏洩事故による個人情報の不正利用などは報告されていないという。同省では、関係者へ事情を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も