Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Acrobat Readerにクロスサイトスクリプティングの脆弱性

米Websenseは、同社研究期間でAdobe Acrobat Readerにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性を確認したとして注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、同ソフトの複数バージョンに含まれており、同脆弱性を利用すると、攻撃者は、PDFファイルをホスティングしている環境でJavaScriptを実行させることができるという。またローカル環境のPDFファイルで脆弱性が悪用されると、ローカル内のファイルへアクセスされる可能性がある。

アドビシステムズは、Adobe Reader 8.0において対策を講じているが、Acrobat Reader 5.0以降のそのほかのバージョンを利用している場合、ブラウザの種類などによっては同脆弱性の攻撃を受ける可能性があり、Websenseでは注意を呼びかけている。

米Websense
http://www.websense.co.jp/

(Security NEXT - 2007/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込