Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Acrobat Readerにクロスサイトスクリプティングの脆弱性

米Websenseは、同社研究期間でAdobe Acrobat Readerにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性を確認したとして注意を呼びかけている。

問題の脆弱性は、同ソフトの複数バージョンに含まれており、同脆弱性を利用すると、攻撃者は、PDFファイルをホスティングしている環境でJavaScriptを実行させることができるという。またローカル環境のPDFファイルで脆弱性が悪用されると、ローカル内のファイルへアクセスされる可能性がある。

アドビシステムズは、Adobe Reader 8.0において対策を講じているが、Acrobat Reader 5.0以降のそのほかのバージョンを利用している場合、ブラウザの種類などによっては同脆弱性の攻撃を受ける可能性があり、Websenseでは注意を呼びかけている。

米Websense
http://www.websense.co.jp/

(Security NEXT - 2007/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英会話教室でメール誤送信、保護者のメアドなど流出 - 東京ガイダンス
政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
「VMware ESXi」「Horizon DaaS」に深刻なRCE脆弱性
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
「Photoshop CC」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートを
認証システム「Athenz」に脆弱性 - アップデートがリリース
洋菓子通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会