Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審なリンクをアクセスせずに検査 - ネットフォレストが無償ツール

ネットフォレストは、リンク先にマルウェアといった脅威がないか事前に確認できる無償セキュリティツール「Dr.WEB リンクチェッカー」を提供開始した。

同ツールは、リンク先へアクセスせずにウイルスなどの脅威がないか確認できるもの。サーバ側で確認を行うため、ウイルス対策ソフトをインストールする必要なく、ブラウザにプラグインをインストールするか、あるいは設定を変更するだけで利用できる。

具体的には、安全性を確認したいリンク上で右クリックすると、「Dr.WEBで検査」メニューが表示される。それを選択すると、Dr.WEBサーバへURLが送付され、サーバ上でチェックが行われる。ユーザーには結果がフィードバックされるため、アクセスしなくても脅威があるかあらかじめ知ることができる。

(Security NEXT - 2006/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査