Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ銀、約96万人の顧客情報を紛失 - 誤廃棄か

三菱東京UFJ銀行85支店において約96万件の個人情報を含む資料などが所在不明となっていることがわかった。

紛失したのは、ATMの取引情報を記録したATMジャーナルをはじめ、伝票、マイクロフィルムといった内部資料。顧客の氏名や口座番号、取引金額が記載されていた。同行では、資料の集中管理を進めており、その過程で発覚したという。

同行では、保管期限が切れた書類などと一緒に誤廃棄した可能性が高く、紛失の可能性は低いと結論づけている。同社では、管理体制の整備など、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2006/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache httpd」脆弱性に悪用コード - 共有ホスティングサーバなどに影響
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施