Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

能登町、住民税に関する個人情報がWinny流出 - 業務委託先から

能登町は、同町の業務委託先より住民税の課税に関する個人情報が漏洩したと発表した。

9月9日に2ちゃんねるへ流出を示唆する書き込みがあったとして同町に通報があり判明。業務委託先である石川コンピュータ・センターの担当者が自宅へ持ち帰り、Winnyがインストールされた私用パソコンでデータを保存したため、流出に繋がったことがわかったという。

流出したのは、旧能都町における2003年度の個人住民税に関する情報4558件と2004年度の個人住民税に関する情報8134件。いずれも整理番号と税額を含むが、2004年度の情報について氏名や住所が記録されていた。

石川コンピュータ・センターによれば、Winnyがインストールされた私用パソコンでは、ウイルス対策ソフトの期限も切れており、ウイルスに感染による漏洩が発生したという。旧能都町の情報に加え、旧中島町に関するデータ2件も含まれていたこと明らかにした。

能登町では、該当する町民へ事情を説明している。同町では、職員や業務委託先に研修などを実施し、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2006/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ