Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年度のセキュリティサービス市場は2005年度の3.7倍規模に

富士キメラ総研は、ネットワークセキュリティ製品やサービス市場の調査を実施し、「2006 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」としてまとめた。

今回の調査は、5月から6月にかけて同社が企業へのヒアリングやデータベースを用い、独自に調査したもの。調査によれば、企業経営層のセキュリティ対策意識の高まりを受け、ネットワークセキュリティサービスや製品の国内市場は、2005年度の3278億円から2010年度には2.3倍規模の7592億円へ成長する見込みだという。

従来の外部脅威への対策ではなく、内部統制の重要性が増していることから、とくにセキュリティサービスの拡大が目立ち、917億円から3350億円と2005年度から2010年度までに3.7倍の成長を見込んでいる。

同社が注目市場としたのが、「端末制御・監視ツール」。2005年度が348億円と市場を拡大してきたが、内部統制の需要を背景に2010年度は512億円市場になると予測した。

(Security NEXT - 2006/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に