Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年度のセキュリティサービス市場は2005年度の3.7倍規模に

富士キメラ総研は、ネットワークセキュリティ製品やサービス市場の調査を実施し、「2006 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」としてまとめた。

今回の調査は、5月から6月にかけて同社が企業へのヒアリングやデータベースを用い、独自に調査したもの。調査によれば、企業経営層のセキュリティ対策意識の高まりを受け、ネットワークセキュリティサービスや製品の国内市場は、2005年度の3278億円から2010年度には2.3倍規模の7592億円へ成長する見込みだという。

従来の外部脅威への対策ではなく、内部統制の重要性が増していることから、とくにセキュリティサービスの拡大が目立ち、917億円から3350億円と2005年度から2010年度までに3.7倍の成長を見込んでいる。

同社が注目市場としたのが、「端末制御・監視ツール」。2005年度が348億円と市場を拡大してきたが、内部統制の需要を背景に2010年度は512億円市場になると予測した。

(Security NEXT - 2006/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず