Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、2006年度上半期のウイルス感染被害レポートを発表

トレンドマイクロは、2006年度上半期のウイルス感染被害レポートを発表した。メール拡散型のウイルスは減少し、スパイウェアやアドウェアの増加傾向が続いているという。

同レポートは、2006年1月1日から6月30日までの間に、国内の同社サポートセンターに寄せられた問い合わせをもとにデータをまとめ、上半期のウイルス状況を総括したもの。

同レポートによれば、2006年上半期の国内におけるウイルス感染被害報告数は4万2741件と、昨年上半期の1万6197件から大幅に増加した。これは、スパイウェアやアドウェアの増加傾向が続いているためと見られている。対して、これまで脅威の主流であったメール拡散型のワームはますます減少する傾向にあるという。

昨年に引き続き、Winnyを悪用するウイルスによる情報流出事故も相次いで発生した。さらにWinnyの後継と言われるファイル共有ソフトShareを悪用するウイルスも登場し、流出事故も発生した。また、セキュリティパッチ公開前の脆弱性を悪用するゼロデイアタックが目立った。Microsoft WordやExcelなどメジャーなアプリケーションの脆弱性に対する攻撃も確認され、今後も警戒が必要だとしている。

(Security NEXT - 2006/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中