Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あらゆる磁気メディアに対応するデータ消去サービス - ユニテックス

ユニテックスは、デジタルやアナログ両方に対応する磁気記録メディア消去サービス「イレース・サービス」の提供を開始する。

同サービスは、コンピュータ・テープやディスク、またビデオテープなどのアナログデータまで、あらゆる磁気記録メディアのデータを消去するもの。消去方法は、フォーマットを維持したままデータのみを消去するソフト消去と、強力な磁気によりメディアごとデータを消去するハード消去があり、目的に応じて選択が可能。消去時にデータ消去証明書」の発行も行うという。

送付されたメディアを同社の施設で消去する「請負サービス」のほか、外部に出せないメディアを顧客の元で消去する「出張サービス」も用意。また、レンタルした機器を使って消去作業を顧客自身が行うこともできる。価格は個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2006/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検