Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あらゆる磁気メディアに対応するデータ消去サービス - ユニテックス

ユニテックスは、デジタルやアナログ両方に対応する磁気記録メディア消去サービス「イレース・サービス」の提供を開始する。

同サービスは、コンピュータ・テープやディスク、またビデオテープなどのアナログデータまで、あらゆる磁気記録メディアのデータを消去するもの。消去方法は、フォーマットを維持したままデータのみを消去するソフト消去と、強力な磁気によりメディアごとデータを消去するハード消去があり、目的に応じて選択が可能。消去時にデータ消去証明書」の発行も行うという。

送付されたメディアを同社の施設で消去する「請負サービス」のほか、外部に出せないメディアを顧客の元で消去する「出張サービス」も用意。また、レンタルした機器を使って消去作業を顧客自身が行うこともできる。価格は個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2006/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生