Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あらゆる磁気メディアに対応するデータ消去サービス - ユニテックス

ユニテックスは、デジタルやアナログ両方に対応する磁気記録メディア消去サービス「イレース・サービス」の提供を開始する。

同サービスは、コンピュータ・テープやディスク、またビデオテープなどのアナログデータまで、あらゆる磁気記録メディアのデータを消去するもの。消去方法は、フォーマットを維持したままデータのみを消去するソフト消去と、強力な磁気によりメディアごとデータを消去するハード消去があり、目的に応じて選択が可能。消去時にデータ消去証明書」の発行も行うという。

送付されたメディアを同社の施設で消去する「請負サービス」のほか、外部に出せないメディアを顧客の元で消去する「出張サービス」も用意。また、レンタルした機器を使って消去作業を顧客自身が行うこともできる。価格は個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2006/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON