Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2005年の国内セキュリティソフト市場、前年比21.9%増 - IDC Japanレポート

調査会社であるIDC Japanは、国内のセキュリティソフトウェアの市場規模やベンダー別売上、年間成長率予測などをまとめたレポートを発表した。

「Japan Security and Continuity 2006」の講演で発表されたもので、レポートによれば、2005年の国内セキュリティソフトウェア市場は前年比21.9%増の1324億円に達したという。同社では、個人情報保護法対策やセキュリティ意識の高まりが、成長の原因だと分析している。

法整備やセキュリティ意識の高まりなど、管理強化が求められている背景を踏まえると2010年までの年間成長率も11.2%を維持する一方、その後は技術のコモディティ化により緩やかに伸びになるのではないかと予測している。

(Security NEXT - 2006/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず