Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺などの被害を未然に防ぐフィルタリングソフト - ALSI

アルプス システム インテグレーションは、データベースのリアルタイム更新機能などを追加したフィルタリングソフトの最新版「InterSafe ver.5.0」を、7月3日より発売する。

同製品は、約4500万ページの規制URLデータベースに基づき、アダルトサイトや有害サイト、詐欺サイトなどへのアクセスを規制する、企業、官公庁、教育機関向けのフィルタリングソフト。日本語サイトのデータベースが充実しており、登録サイトの7割に上るという。

従来製品ではデータベースの更新は1日1回だったが、リアルタイム更新の実現により、1日3回以上の更新が可能となった。これにより、特に増加傾向が目立つワンクリック詐欺サイトやフィッシングサイトを早期に規制し、被害を未然に防ぐことができるとしている。

また、ひとつの画面から複数サーバの設定が可能。フィルタリングルールの設定やログの管理などをグループごとに行うことができるようになるなど、ユーザビリティが向上した。価格は、25ユーザーの1年契約で20万7900円から。アカデミック価格は12万3900円。

(Security NEXT - 2006/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大