Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ反撃する新サービス - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、フィッシングサイトの検出やアラート通知に加え、不正サイト自体のシャットダウンといった反撃まで提供する金融機関向けサービス「RSA FraudAction」を発表した。

同サービスは、オンラインサービスを提供する金融機関の顧客を、フィッシング詐欺から守るための対策を提供するもの。フィッシングサイトを検出して金融機関に通知するだけでなく、ISPと連携しながら、サイトをシャットダウンするという。被害の原因究明や犯罪捜査に向けたデータの分析なども行う。

また、フィッシングサイトに架空の情報を送り込むことで、詐取した情報の価値を低下させるといった対抗措置も実施する。

(Security NEXT - 2006/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正