Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ反撃する新サービス - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、フィッシングサイトの検出やアラート通知に加え、不正サイト自体のシャットダウンといった反撃まで提供する金融機関向けサービス「RSA FraudAction」を発表した。

同サービスは、オンラインサービスを提供する金融機関の顧客を、フィッシング詐欺から守るための対策を提供するもの。フィッシングサイトを検出して金融機関に通知するだけでなく、ISPと連携しながら、サイトをシャットダウンするという。被害の原因究明や犯罪捜査に向けたデータの分析なども行う。

また、フィッシングサイトに架空の情報を送り込むことで、詐取した情報の価値を低下させるといった対抗措置も実施する。

(Security NEXT - 2006/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自
国家試験「iパス」、最年少合格記録を更新
「Symantec Messaging Gateway」にRCEやCSRFの脆弱性 - アップデートで修正
「VMware NSX-V Edge」にサービス拒否の脆弱性
「Apache Tomcat」のキャッシュ処理などに脆弱性 - 既存のアップデートで対応済み
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に