Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ反撃する新サービス - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、フィッシングサイトの検出やアラート通知に加え、不正サイト自体のシャットダウンといった反撃まで提供する金融機関向けサービス「RSA FraudAction」を発表した。

同サービスは、オンラインサービスを提供する金融機関の顧客を、フィッシング詐欺から守るための対策を提供するもの。フィッシングサイトを検出して金融機関に通知するだけでなく、ISPと連携しながら、サイトをシャットダウンするという。被害の原因究明や犯罪捜査に向けたデータの分析なども行う。

また、フィッシングサイトに架空の情報を送り込むことで、詐取した情報の価値を低下させるといった対抗措置も実施する。

(Security NEXT - 2006/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
顧客の個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - エコランド
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加