Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ反撃する新サービス - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、フィッシングサイトの検出やアラート通知に加え、不正サイト自体のシャットダウンといった反撃まで提供する金融機関向けサービス「RSA FraudAction」を発表した。

同サービスは、オンラインサービスを提供する金融機関の顧客を、フィッシング詐欺から守るための対策を提供するもの。フィッシングサイトを検出して金融機関に通知するだけでなく、ISPと連携しながら、サイトをシャットダウンするという。被害の原因究明や犯罪捜査に向けたデータの分析なども行う。

また、フィッシングサイトに架空の情報を送り込むことで、詐取した情報の価値を低下させるといった対抗措置も実施する。

(Security NEXT - 2006/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
児童手当に関する書類の誤発送で個人情報流出 - つくば市
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
セキュリティ製品によるJPCERT/CCサイトの誤検知が復旧
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市