Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトへ反撃する新サービス - RSAセキュリティ

RSAセキュリティは、フィッシングサイトの検出やアラート通知に加え、不正サイト自体のシャットダウンといった反撃まで提供する金融機関向けサービス「RSA FraudAction」を発表した。

同サービスは、オンラインサービスを提供する金融機関の顧客を、フィッシング詐欺から守るための対策を提供するもの。フィッシングサイトを検出して金融機関に通知するだけでなく、ISPと連携しながら、サイトをシャットダウンするという。被害の原因究明や犯罪捜査に向けたデータの分析なども行う。

また、フィッシングサイトに架空の情報を送り込むことで、詐取した情報の価値を低下させるといった対抗措置も実施する。

(Security NEXT - 2006/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施
CiscoのNFVプラットフォームに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正