Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先社員の私用パソコンからWinnyへ情報流出 - 三井住友

三井住友海上火災保険は、システム開発業務の再委託先より顧客情報が流出したと発表した。

同社がシステム開発を委託していた中央コンピュータシステムの再委託先、エム・シー・エスの社員が個人で所有するパソコンへ2005年11月にウイルスに感染し、今年1月8日まで間、Winnyネットワーク上へ流出したという。

三井住友では、2001年から2003年までシステム開発業務を委託しており、当時、テストのために提供した情報が流出した。含まれる情報は、住宅ローン保証保険など保険契約に関連する情報411件を含む590件の顧客情報。契約者情報や補被保険者情報、契約内容などで、一部では与信情報といった個人情報が含まれていた。

同社では、該当する顧客に対し、個別に状況を説明した上で謝罪しているという。また、再発防止策として、システム開発の委託先における個人パソコンの利用を禁止し、データの管理状況を点検する。さらに、2006年3月までに提供する個人データの一部をマスク化し、個人の特定ができないデータへ変更するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応