Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先社員の私用パソコンからWinnyへ情報流出 - 三井住友

三井住友海上火災保険は、システム開発業務の再委託先より顧客情報が流出したと発表した。

同社がシステム開発を委託していた中央コンピュータシステムの再委託先、エム・シー・エスの社員が個人で所有するパソコンへ2005年11月にウイルスに感染し、今年1月8日まで間、Winnyネットワーク上へ流出したという。

三井住友では、2001年から2003年までシステム開発業務を委託しており、当時、テストのために提供した情報が流出した。含まれる情報は、住宅ローン保証保険など保険契約に関連する情報411件を含む590件の顧客情報。契約者情報や補被保険者情報、契約内容などで、一部では与信情報といった個人情報が含まれていた。

同社では、該当する顧客に対し、個別に状況を説明した上で謝罪しているという。また、再発防止策として、システム開発の委託先における個人パソコンの利用を禁止し、データの管理状況を点検する。さらに、2006年3月までに提供する個人データの一部をマスク化し、個人の特定ができないデータへ変更するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず