Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先社員の私用パソコンからWinnyへ情報流出 - 三井住友

三井住友海上火災保険は、システム開発業務の再委託先より顧客情報が流出したと発表した。

同社がシステム開発を委託していた中央コンピュータシステムの再委託先、エム・シー・エスの社員が個人で所有するパソコンへ2005年11月にウイルスに感染し、今年1月8日まで間、Winnyネットワーク上へ流出したという。

三井住友では、2001年から2003年までシステム開発業務を委託しており、当時、テストのために提供した情報が流出した。含まれる情報は、住宅ローン保証保険など保険契約に関連する情報411件を含む590件の顧客情報。契約者情報や補被保険者情報、契約内容などで、一部では与信情報といった個人情報が含まれていた。

同社では、該当する顧客に対し、個別に状況を説明した上で謝罪しているという。また、再発防止策として、システム開発の委託先における個人パソコンの利用を禁止し、データの管理状況を点検する。さらに、2006年3月までに提供する個人データの一部をマスク化し、個人の特定ができないデータへ変更するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース