Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛・地球博メルマガシステムへ不正アクセス - 購読者情報が流出

名古屋商工会議所と中部経済連合会が事務局を努めている愛・地球博支援企業協議会のメールマガジンの配信サーバが今年3月に不正アクセスを受け、当時の購読者情報が流出していたことが明らかになった。

流出したのは、2005年3月24日当時に同会発行のメールマガジンを購読していた798名の氏名とメールアドレス。同日以外の流出は確認されていない。

同会では、サーバの運営をメイテツコムに委託していたが、同社が不正侵入検知システムを導入、11月14日に同システムへの不正アクセスが検知されたことを受け、以前のログを解析したところ、3月の流出が判明したという。

同会では、対象となる購読者に流出についてメールおよび書面にて事情を説明し、謝罪した。また、メールアドレスといった情報は11月18日に削除した。さらに、12月5日に警察へ被害を届けたという。

(Security NEXT - 2005/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート