Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、取引先情報が記録されたPHS端末を紛失

中部電力は、取引企業社員の個人情報が記録されたPHS端末を紛失したと発表した。

所在不明となっている端末は、業務用として職員に提供されているされているIP-PHS端末。今月24日に岡崎市内で紛失したという。

同社によれば、取引先担当者の個人情報10件が保存されていたという。含まれる個人情報は、社名、個人名、携帯電話番号で、関係者に対して、説明、謝罪を行ったという。

同社では、警察へ紛失届を提出。今後、再発防止のため、暗証番号によりロックを行うほか、持ち出す際は、落下防止や鞄に入れ、携帯するよう指導するという。

(Security NEXT - 2005/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート