Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が記載された公金の領収書を紛失 - 沖縄労金

沖縄県労働金庫は、10月12日に顧客情報の紛失が判明したと発表した。

同庫によれば、返却された自治体へ納付する公金の「領収済通知書」5通が所在不明になっていることを取りまとめている同庫具志川支店の職員が気付いたという。同書類には、氏名、住所、納付額などが記載されていた。また、1件には子供や子供の通う幼稚園名が記載されていた。同庫では調査を実施したが19日の時点で発見できていない。

同庫では、警察へ被害届けを提出。発覚同日および翌日にすべての顧客に対して今後の対策などについて事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート