Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が記載された公金の領収書を紛失 - 沖縄労金

沖縄県労働金庫は、10月12日に顧客情報の紛失が判明したと発表した。

同庫によれば、返却された自治体へ納付する公金の「領収済通知書」5通が所在不明になっていることを取りまとめている同庫具志川支店の職員が気付いたという。同書類には、氏名、住所、納付額などが記載されていた。また、1件には子供や子供の通う幼稚園名が記載されていた。同庫では調査を実施したが19日の時点で発見できていない。

同庫では、警察へ被害届けを提出。発覚同日および翌日にすべての顧客に対して今後の対策などについて事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性