Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が記載された公金の領収書を紛失 - 沖縄労金

沖縄県労働金庫は、10月12日に顧客情報の紛失が判明したと発表した。

同庫によれば、返却された自治体へ納付する公金の「領収済通知書」5通が所在不明になっていることを取りまとめている同庫具志川支店の職員が気付いたという。同書類には、氏名、住所、納付額などが記載されていた。また、1件には子供や子供の通う幼稚園名が記載されていた。同庫では調査を実施したが19日の時点で発見できていない。

同庫では、警察へ被害届けを提出。発覚同日および翌日にすべての顧客に対して今後の対策などについて事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
テレワークのセキュリティに関する無料相談窓口 - 総務省
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県