Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プルデンシャル生命、個人情報盗まれ金銭要求される - 容疑者は拘束

プルデンシャル生命保険は、契約者リストのコピーが盗まれたと発表した。最大460件の情報が漏洩した可能性があるという。

大阪市内のコインパーキングで、10月6日深夜に営業社員が車上荒らしに遭い、鞄ごと契約者のリストを盗まれたという。営業社員は、当初顧客情報の紛失に気が付かず、12日になり、窃盗犯より金銭を要求する電話により紛失が判明したという。

流出件数は最大460名分で、氏名、生年月日、性別、住所が含まれていた。同社では、顧客へ事情を報告し、不審な請求などへ注意を促したという。現在、容疑者の身柄は拘束されたが、書類は回収されていないという。

(Security NEXT - 2005/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 脆弱性を解消
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント