Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、スパム送信国ワースト12を発表 - ワーストは米国

ソフォスは、2005年1月から3月に受信したスパムを分析してまとめた「スパム送信国ワースト12」を発表した。

同レポートによれば、スパム送信国ワースト1は前回と変わらず米国で、同期間の全スパムの平均35.70%を配信していた。しかしその割合は1月から12%ほど減少している。この減少傾向は、多くのISPがポリシーを策定し、スパマーにネットワークサービスを提供しないようにしているからだという。

同社によれば、先月世界中で配信されたスパムの半数以上は、ハッカーやウイルス作成者によって悪用されているゾンビPCから送信されているという。そのため法人や個人ユーザーは、ゾンビPCを作ってしまわないよう、ウイルス対策やファイアウォールの導入、マイクロソフトのパッチ適用などを行うことが不可欠だとしている。

スパム送信国のワースト12は次の通り。

米国
韓国
中国(香港を含む)
フランス
スペイン
カナダ
日本
ブラジル
英国
ドイツ
オーストラリア
ポーランド

(Security NEXT - 2005/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト