Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、スパム送信国ワースト12を発表 - ワーストは米国

ソフォスは、2005年1月から3月に受信したスパムを分析してまとめた「スパム送信国ワースト12」を発表した。

同レポートによれば、スパム送信国ワースト1は前回と変わらず米国で、同期間の全スパムの平均35.70%を配信していた。しかしその割合は1月から12%ほど減少している。この減少傾向は、多くのISPがポリシーを策定し、スパマーにネットワークサービスを提供しないようにしているからだという。

同社によれば、先月世界中で配信されたスパムの半数以上は、ハッカーやウイルス作成者によって悪用されているゾンビPCから送信されているという。そのため法人や個人ユーザーは、ゾンビPCを作ってしまわないよう、ウイルス対策やファイアウォールの導入、マイクロソフトのパッチ適用などを行うことが不可欠だとしている。

スパム送信国のワースト12は次の通り。

米国
韓国
中国(香港を含む)
フランス
スペイン
カナダ
日本
ブラジル
英国
ドイツ
オーストラリア
ポーランド

(Security NEXT - 2005/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も