Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホンダ子会社、2354件の個人情報を紛失

本田技研工業の子会社であるホンダファイナンスは、顧客の個人情報2354件が保存されたCD-ROMを紛失したと発表した。

同社によれば、CD-ROMには、住所、氏名、生年月日、電話番号、勤め先、支払口座、資産情報のほか、カーリース契約に関する情報や任意保険書類、自動車車検証など、2354件の個人情報が保存されていたという。

同社は、紛失判明後に社内規定に従って緊急対策委員会を開催し、原因究明を進めている。今回の紛失事故は社内で発生しており、不要書類などと混同され廃却溶解処分された可能性が高いとしている。不正使用の事実は確認されていないが、第三者不正使用による二次被害を防止するために、書面により顧客に通知した。

同社では、今後の事故を防止するため、4月までに顧客情報をCD-ROMなどの外部記憶媒体へ保存することを全面廃止し、安全管理措置を講じたファイルサーバ内に保存するという。

(Security NEXT - 2005/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース