Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ソーシャルネットワークサービス「GREE」に脆弱性 - 現在は修正

グリーは、同社が提供するソーシャルネットワークサービス「GREE」に脆弱性があり、特定の環境下において第三者が登録者の氏名、ニックネーム、電子メールアドレスが閲覧できる状況にあったと発表した。現在、問題は修正され、解決しているという。

今回の脆弱性は、同サービスから送付される参加招待メールに記載されたURLを改変することにより、関係ないユーザーの氏名やニックネーム、メールアドレスなど、個人情報を確認できる可能性があったという。ユーザーから指摘を受けたもので、同社ではプログラムの修正を実施、現在問題は解決している。

同問題は、招待状を送付し、招待したユーザーの登録を待っているユーザーと招待され、未登録となっていたユーザーに影響があったため、同社では2月14日までに送付された招待メールをすべて無効とした。また、脆弱性を利用した成りすましによる登録は困難だったとしている。

GREE
http://www.gree.jp/

(Security NEXT - 2005/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも