Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日商エレクトロニクス、IPアドレスを管理制御するシステムを販売開始

日商エレクトロニクスは、韓国ViaScopeと代理店契約を締結し、IPアドレスを管理、制御するシステム「IPScan」の販売を開始した。

同システムは、IPアドレスやMACアドレスなどの情報をリアルタイムで収集し、ウイルスに感染したと思われるPCや不正な動きを見せるPCを、ピンポイントでネットワークから強制遮断するもの。また、持ち込みPCなどの管理登録外機器を自動的に検知し、排除することが可能。

既存ネットワークの変更や、クライアントPCへのソフトウェアインストールが必要ないため、大規模ネットワークでもすぐに導入できる。価格はオープン価格となっている。

(Security NEXT - 2005/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意