Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日商エレクトロニクス、IPアドレスを管理制御するシステムを販売開始

日商エレクトロニクスは、韓国ViaScopeと代理店契約を締結し、IPアドレスを管理、制御するシステム「IPScan」の販売を開始した。

同システムは、IPアドレスやMACアドレスなどの情報をリアルタイムで収集し、ウイルスに感染したと思われるPCや不正な動きを見せるPCを、ピンポイントでネットワークから強制遮断するもの。また、持ち込みPCなどの管理登録外機器を自動的に検知し、排除することが可能。

既存ネットワークの変更や、クライアントPCへのソフトウェアインストールが必要ないため、大規模ネットワークでもすぐに導入できる。価格はオープン価格となっている。

(Security NEXT - 2005/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも