Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JASRACを騙った示談金要求の詐欺電話に注意

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、同協会やエイベックスの名を騙って、WinMX使用による著作権侵害の示談金を要求する詐欺電話が報告されたとして、注意を呼びかけている。

同協会によれば、「音楽著作権協会のフクヤマ」および「エイベックスのヨシダ」を名乗る人物より、「WinMX使用に伴う著作権侵害の示談のため、現金を支払え」と要求する電話があったとの情報が確認された。

同協会では、ファイル交換ソフトの利用者に対し、ソフトの利用中止を警告したり法的措置を講じることはあるものの、電話による示談の申し入れを行なうことはないとしている。こうした電話は同協会ならびにエイベックスには一切関係がないとして、注意を促している。

(Security NEXT - 2005/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力