Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

靖国神社のサーバがDoS攻撃の被害

靖国神社は、2004年9月3日より同ホームページに対してDDoS攻撃が加えられていることを明らかにした。現在も引き続き攻撃が行われているという。

1秒間に1万5000回のアクセスが行われたケースや、同社のアドレスを詐称したスパムメールが配信され、リターンメールやウイルスメールの受信などにより、利用不可となる被害が発生したという。

同社によれば、中国国内において攻撃の呼びかけがあったとしており、攻撃ツールなども出回っており、これらの攻撃によるものだという。現在、防御態勢を構築したが、攻撃方法の変更や、複合的な攻撃によりサービスに支障がでるケースもあるとしている。

(Security NEXT - 2005/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
記者宛のメールで送信ミス、メアド流出 - 大阪市
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
市立図書館に不正アクセス、メール送信の踏み台に - 富山市
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を