Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

靖国神社のサーバがDoS攻撃の被害

靖国神社は、2004年9月3日より同ホームページに対してDDoS攻撃が加えられていることを明らかにした。現在も引き続き攻撃が行われているという。

1秒間に1万5000回のアクセスが行われたケースや、同社のアドレスを詐称したスパムメールが配信され、リターンメールやウイルスメールの受信などにより、利用不可となる被害が発生したという。

同社によれば、中国国内において攻撃の呼びかけがあったとしており、攻撃ツールなども出回っており、これらの攻撃によるものだという。現在、防御態勢を構築したが、攻撃方法の変更や、複合的な攻撃によりサービスに支障がでるケースもあるとしている。

(Security NEXT - 2005/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究