Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力が個人情報2781件を紛失

中部電力は、顧客情報2781件を保存したフラッシュメモリを紛失したと発表した。

同社社員が、執務室内で10月12日に紛失したもので、まだフラッシュメモリは発見されていない。契約電力500kw未満の高圧電力を契約している顧客情報が保存されていた。「顧客番号」「顧客名」「電話番号」「使用場所」「契約種別」「契約設備電力」 「支払区分」「取扱金融機関コード」「預金種別(口座番号)」「支払先住所」が含まれる。同社では、該当顧客には訪問し、事情を説明、謝罪したという。

静岡新聞の報道によれば、中部電力では、13日にも端末機を紛失する騒ぎがあった。同端末は、17日に遊技場のゴミ箱で発見、回収されている。電気使用量検針員が検針端末機一式をバイクの前かごに入れたまま買い物をし、帰宅後紛失に気が付いたという。

(Security NEXT - 2004/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市