Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アッカの個人情報漏洩被害は34万人

アッカ・ネットワークスは、3月に発覚した個人情報漏洩事故における被害者数を発表した。

同社は、2004年3月に201名の顧客情報流出を確認し、その後調査を実施している。今回の調査により同社では、201名の情報を含む合計33万9177名分の顧客情報の社外への流出していたことを確認したという。

今回の調査は、警察が入手した33万9177名分の個人情報の照会を受け、内容を分析したもの。同社では、警察が提示した情報と保有する顧客情報が一致することを確認したという。含まれる個人情報は、氏名、郵便番号、住所、電話番号、申込時連絡用メールアドレス。

同社は被害者に対し、提携ISP各社と連携の上、対応する予定。また、ユーザー自身が漏洩しているかどうかを確認できるウェブサイトを公開するほか、電話でも確認に応じる。

(Security NEXT - 2004/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表