Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を業務外で個人情報を閲覧した500名を処分 - 社保庁

社会保険庁は、同庁職員や社会保険事務所の職員が業務以外に個人情報を閲覧していた問題で、500人以上を処分すると発表した。

同庁の真野章長官が訓告処分となったほか社会保険業務センター所長などが厳重注意処分となった。同庁職員の業務外閲覧は328人に上った。

http://www.sia.go.jp/

(Security NEXT - 2004/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
メール誤送信で社会実験参加者のメアド流出
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社