Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用情報が流出 - 消費者金融社員が売却

読売新聞の報道によれば、中堅消費者金融プライムファイナンスの元社員が借り入れ状況などを含んだ信用情報を売却されていたことが明らかになった。

同元社員は、全国信用情報センター連合会へ不正にアクセスし、585件を入手、4000円前後で名簿業者へ売却したという。すでにプライムファイナンスではすでに同社員を懲戒解雇している。

(Security NEXT - 2004/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性