Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSと元京大研究員が和解

コンピュータソフトウェア著作権協会は、同団体が運営するホームページから個人情報が流出した事件で、流出の原因となった京都大学の元研究員の男性に対し仮処分を求めていたが、このたび和解が成立した。

同団体は、男性に対して漏洩した情報がインターネットに流通していないか監視し、発見した場合は削除を要請をするよう仮処分で求めていた。男性は全面的に仮処分の求めに応じ、和解調書にその旨が明記されるという。

http://www.accsjp.or.jp/
コンピュータソフトウェア著作権協会

(Security NEXT - 2004/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意