Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友信託、顧客情報41名分を紛失

住友信託銀行は、同社社員が顧客情報をJR電車内で紛失したと発表した。

同行によれば、4月28日、同行社員が帰宅する際、JR中央線内にて顧客情報41名分の個人情報が入った私用鞄を紛失した。個人情報には「氏名」「住所」「電話番号」「預金残高」が含まれている。

同行では、紛失した顧客に対し、事故の内容を報告している。紛失情報が不正使用された事実は5月6日時点で確認されていない。

(Security NEXT - 2004/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
「Firefox 70」が登場、脆弱性13件を修正 - PW生成機能なども
「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開