Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子カルテシステムに権限昇格や情報漏洩などの脆弱性 - 修正版が公開

ライフサイエンスコンピューティングが提供するオープンソースの電子カルテシステム「OpenDolphin」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同2.7.0」および以前のバージョンに、管理者権限で任意の操作が実行可能となる権限昇格の脆弱性「CVE-2018-16161」が存在するという。

さらにアカウント情報など他ユーザー情報が取得できる情報漏洩の脆弱性「CVE-2018-16162」や、他ユーザーを作成したり削除できるアクセス制限不備の脆弱性「CVE-2018-16163」など、あわせて3件の脆弱性が判明した。

これら脆弱性は、シマンテックが情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。ライフサイエンスコンピューティングでは、脆弱性へ対処した「同2.7.1」をリリースしており、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み