Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者や医師の個人情報を営業車ごと盗難 - 中外製薬

中外製薬の営業車両が盗難被害に遭い、患者や医師の個人情報を紛失したことがわかった。

医薬情報を担当する同社従業員が、2008年12月29日に兵庫県内の自宅付近の駐車上から営業車両を盗まれたもの。車両とともに医療機関から提供を受けた特定使用成績調査票などを持ち去られた。

書類には患者10人分の氏名や生年月日、年齢、性別のほか、血液の検査データや副作用の問診票などが記載されていた。また医師6人分の氏名や印影も含まれるが、個人情報の不正使用といった報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2009/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
ドライブレコーダーに異なる容量のカード、盗難か - 大阪市
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
入居申込者情報を撮影したカメラを紛失 - 鳥取県住宅供給公社
顧客情報記載の一部帳票が所在不明に - 都内トヨタディーラー
都内郵便局で車両火災 - ゆうパック約1000件が被害
救急車出動先を知人にLINE送信、職員を懲戒処分 - 明石市
トヨタに行政指導、委託先子会社が個人データ管理のクラウドを誤設定
委託事業者が粗大ごみ収集伝票を紛失 - 渋谷区
顧客情報の誤公開、あらたに約26万件が判明 - トヨタ