Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行

脆弱性のエクスプロイトが利用可能となるまでの時間(Time to Exploit Availability)は、中央値で5.5日であるのに対し、防御側が脆弱性を評価するまでの時間(Time to Assess)の中央値は12.8日で、約7日間のタイムラグがあるとの調査結果を米Tenable Network Securityが取りまとめた。

同社が、2017年の3カ月間に実施した20万件の脆弱性評価スキャンに基づき、上位50の脆弱性を分析した結果について取りまとめたもの。

脆弱性のエクスプロイトが一般に公開され、利用可能となるまでの時間は、中央値で5.5日。一方、防御側がシステムで脆弱性を評価するまでの中央値は12.8日で、差分として7.3日のギャップが見られた。

また今回分析した脆弱性のうち、初動において攻撃側が先行していたケースは76%。さらに分析対象の脆弱性の34%は、開示日と同日にエクスプロイトが公開されていた。

防御側が脆弱性を評価するまでの時間を60%改善しても、防御側が先行できる脆弱性は50%にとどまり、75%を改善することではじめて半数を超える66%で防御側が先行できる状況だった。

(Security NEXT - 2018/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加
脆弱性の届出、前四半期の約3分の2に - ウェブ関連が半減
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加