Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、2016年における個人情報漏洩インシデントの概況について取りまとめた。

20170518_jn_001.jpg
2016年の個人情報漏洩原因(グラフ:JNSA)

同年に報道されたインシデントについて同協会が独自に集計、分析し、速報版として取りまとめた。

2016年に報道された個人情報漏洩に関するインシデントは468件。前年調査の788件から大幅に減少した。

一方、漏洩した個人情報の件数は1510万6784件。前年の約496万件から約3倍へと増加。インシデント1件あたりの漏洩件数は3万4024人だった。

業種別にインシデント件数を見ると、「教育、学習支援業」が107件で22.9%、「金融業、保険業」が105件で22.4%であわせると4割を超える。「公務」が68件(14.5%)、「情報通信業」が38件(8.1%)、「卸売業、小売業」が32件(6.8%)だった。

(Security NEXT - 2017/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少