Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ移行時の事務処理ミスで3254件の誤請求 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、第3種パケット交換サービス利用者の一部に対し、利用料金を誤請求していたことを明らかにした。

同社によれば、誤請求は2002年2月から2008年2月まで発生し、過大請求が760件で金額は約3300万円、過少請求が2494件で金額は約1億8200万円にのぼるという。

誤請求の原因は、NTTグループ再編成の際に構築した「料金請求システム」へデータ移行時の事務処理ミスによるもの。また移行後も解約申し込みの処理時でミスが発生していた。

同社では、過大請求の対象者に対し利息を含め全額返還する。また過少請求の対象者には、差額分の料金請求は行わないとしている。

NTTコミュニケーションズ
http://www.ntt.com/

(Security NEXT - 2008/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性