Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、年次計画「サイバーセキュリティ2016」を決定

政府は、サイバーセキュリティ戦略本部の第9回会合を開催し、サイバーセキュリティ政策の年次計画である「サイバーセキュリティ2016」を決定した。

同計画は、サイバーセキュリティ基本法のもと、政府が閣議決定した「サイバーセキュリティ戦略」を踏まえて策定しており、今回は2年度目にあたる。6月に実施したパブリックコメントを経て、見直しを行った上で決定した。

経済発展に向けたセキュリティ施策をはじめ、国民や社会の安全確保、国際平和や安全保障など、各省庁で取り組みを進めるほか、研究開発や人材育成では横断的な取り組みを推進。

経済発展の施策では、制度整備や技術開発などを踏まえた「安全なIoTシステムの創出」をはじめ、経営者の意識改革や人材育成を踏まえたセキュリティマインドを持った企業経営の推進、セキュリティ関連産業の振興などを盛り込んでいる。

(Security NEXT - 2016/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット偽情報対策の取り組みに関する意見を募集 - 総務省
「サイバーセキュリティ月間2024」がスタート - 「全員参加」を呼びかけ
個情委、オプトアウト届出事業者3社に行政指導 - 「転売屋」に販売も
アクセス制御機能の研究開発情報を募集開始 - 政府
「Security Days Fall 2023」を都内と大阪で開催
「CYNEXアライアンス」が発足、 産官学とデータの共同分析や人材育成を推進
「ソフトウェア管理に向けたSBOMの導入に関する手引」を公開 - 経産省
米当局、行政機関へ「Office」ゼロデイ脆弱性の緩和策実施を要請
政府セキュリティ統一基準が改定 - 委託先が担保すべき対策を明確化
政府が「サイバーセキュリティ2023」を決定 - SBOMを推進、国内製センサーの導入も