Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部「Windows 10」環境でウイルスバスターが起動しなくなるケースが発生

一部「Windows 10」の環境で、「ウイルスバスタークラウド」が起動できない不具合が確認されている。同問題を受け、トレンドマイクロでは修正モジュールを提供している。

同社によれば、「トレンドマイクロコネクト」あるいは「セキュリティ脅威マップ」をインストールした環境において、起動できなくなる場合があるという。

いずれのモジュールも提供が終了しているため、同社では、修正モジュールを用意。適用することで、連携機能の動作を制限し、「ウイルスバスタークラウド」を起動できるようになる。

ただし、修正モジュール適用後は、一部機能が動作しないため「保護が無効」との表示されるという。ウイルスバスタークラウド上で「保護されている」との表示があれば、保護機能に問題はないとしている。

同社は、両ソフトがインストールされていないか確認し、インストールされている場合は、適用するよう案内している。

(Security NEXT - 2015/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害