Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「なりすましメール防止安心マーク」を国内銀行が初採用

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)や民間企業6社が展開する「なりすましメール防止安心マーク」を国内行がはじめて採用した。

「なりすましメール防止安心マーク」は、ヤフーやニフティのウェブメールサービスにおいて、なりすましが行われていないことを確認できたメールに対し、アイコン画像やテキストを表示するしくみ。

送信ドメイン認証の「DKIM」と、発信者の実在証明を行うJIPDECのデータベース「サイバー法人台帳ROBINS」を組み合わせることで、正規メールを判別している。

銀行を装ったなりすましメールによるフィッシング被害の多発を受け、国内銀行において常陽銀行がはじめて採用したという。

(Security NEXT - 2014/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
MS、独自修正含む「Microsoft Edge 101.0.1210.32」をリリース
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
「Emotet」にあらたな感染手口 - マクロ無効でも感染