Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GOM Player」などの会員サービスに不正ログイン攻撃 - 未登録の場合は勝手に会員登録

動画再生ソフト「GOM Player」などを提供しているGOMソフトの会員サービスにおいて、「なりすまし」による不正ログイン被害が発生していたことがわかった。

同サービスを運営するグレテックジャパンによれば、2013年12月20日ごろから2014年1月8日午前にかけて、他社サービスにて入手したと見られるIDとパスワードを用いて、同社会員サービスへ不正にログインすることを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたという。具体的な被害件数などは明らかにしていない。

同社では、今回の不正アクセスに用いられたIDやパスワードについて、同社経由の流出を否定。また今回の不正ログインによる会員データの外部流出はなかったと説明している。

一方、今回の攻撃では、ログインの試行に用いたIDがこれまでに会員登録されていない場合、攻撃者がそのIDを用いて不正に会員登録を行っていたという。同社では、不正に登録されたIDを特定。アカウントを凍結した。

同社では、会員に対しては、パスワードを複数のサービスで使い回すことを避けるようアナウンスを行った。同様の攻撃を防ぐためセキュリティを強化したとしており、今後はログインページのセキュリティ対策などを行う計画。

また、なりすましにより不正登録されたユーザーに対しては、アカウントを凍結解除したり、削除する方法をメールで案内している。

(Security NEXT - 2014/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に