Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDECと民間5社、ネット選挙に向け「なりすましメール」対策を展開

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)や民間企業5社は、ネット選挙運動解禁に伴う取り組みとして、受信者が「なりすましメール」を判別しやすいメールインフラを提供すると発表した。

20130611_jp_002.jpg
なりすましが行われていない場合は、黄色と緑のアイコンやテキストを表示(画面はYahoo!メールの場合)

今回の取り組みは、政党のオフィシャルメールドメインを受信者側のサーバ上で認識。政党を発信元とし、なりすましが行われていないメールにはアイコン画像やテキストを表示する試み。ウェブメールをはじめ、関連サービスを提供するヤフー、ニフティ、インフォマニア、トライコーン、パイプドビッツが参加している。

オフィシャルメールドメインの判別には、従来の電子メール認証技術にくわえて、JIPDECが運営する「サイバー法人台帳ROBINS」を使用することで、発信者の実在証明を行う。法人、団体、個人事業者の名称やメールドメインなどの情報を提供している台帳で、政党も登録できる。

すでに自民、民主、公明の3党が登録しており、夏の参議院議員選挙に向けたメールでの選挙運動に、同システムを利用することを決定しているという。

(Security NEXT - 2013/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
富士フイルム装う偽メールに注意 - 心当たりない注文で不安煽る
MS、2023年1月の月例セキュリティパッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
食料農業分野がメール詐欺の標的に - 粗悪な食品が出回るおそれも
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
MS、2022年最後の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消