Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「緊急」4件含む月例パッチ6件を14日に公開予定

日本マイクロソフトは、11月14日に月例セキュリティ更新プログラム6件を公開する予定だ。深刻度「緊急」のプログラム4件が含まれる。

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」にレーティングされたプログラムは、「Windows」および「Internet Explorer」「.NET Framework」に関する脆弱性を修正するもので、いずれも悪用された場合リモートでコードが実行されるおそれがある。

深刻度が2番目に高い「重要」のプログラムは1件で、「Office」に影響がある。のこり1件は「警告」レベルで、「Windows」に影響がある。

また同社は、月例パッチの公開にあわせて「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」を更新する予定。

(Security NEXT - 2012/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
「Adobe FMPS」が静かに定例外パッチ - 深刻な脆弱性を修正
動画エンコードライブラリ「libaom」などに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HugeGraph」のRCE脆弱性 - 詳細やPoCが公開
米当局、Linuxカーネルの脆弱性など3件を悪用リストに追加
「Apache OFBiz」にRCE脆弱性 - 最新版で修正
「Tripwire Enterprise」に深刻な脆弱性 - アップデートを
Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 3件の脆弱性を解消