Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホイットニーさんの訃報に便乗する攻撃がSNS上で流通

ホイットニーヒューストンさんの訃報を悪用するサイバー攻撃が、早くもSNS上で出回っている。

2月11日の死亡報道直後より、SNS経由でニュースを伝えるツイートやFacebookの書き込みが広がったが、米Trend Microでは、便乗する攻撃を報道直後より確認しているという。

同社によれば、Facebook上では偽ビデオに装った投稿が出回っており、携帯電話番号などを盗み取ることを目的とした詐欺サイトへ誘導していた。同社では、同じIP上で101件以上の詐欺サイトを確認している。

また、Twitter上でも不正サイトへ誘導するリンクを含んだつぶやきが流通。特定のブログへ誘導するが、自動的に壁紙や着信メロディなどをダウンロードできるなどと説明するページへ転送。ユーザーがダウンロードしようとすると、情報を詐取するフィッシングサイトに誘導する。

最近では、レディーガガさんが亡くなったとするデマなど同様の攻撃が発生しており、同社ではソーシャルメディア上の脅威へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を