Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムウェアの指紋認証装置を搭載した「ThinkPad」が来年登場

NTTコムウェアは、指紋認証ソフト「e-UBF Unit」を搭載した「ThinkPad e-UBF Model」を2006年2月より販売する。価格は、レノボ・ジャパンのダイレクト価格と同様となる予定。

同製品は、レノボ・ジャパンが販売する指紋センサーを搭載した「ThinkPadシリーズ」に同社の「e-UBF Unit」を搭載したオリジナルモデル。「ThinkPad T43」「ThinkPad X41」を採用し、それぞれ2モデルを用意。指紋認証にディー・ディー・エスの「周波数解析法」を利用し、ログインやスクリーンセイバー、IDマネージャなどに指紋認証を利用できる。

また、12月21日から2006年1月末日まで、「Think Pad e-UBF Model」製品化予定のモデルの購入者にアップデートソフトウェアと「e-UBF Unit」を提供する。

(Security NEXT - 2005/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール記載のリンク先を誤設定、個人情報が流出 - 岐阜県
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性