Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー・データ、「秘密分散法」でデータを保護するセキュリティソフト発売

アイ・オー・データ機器は、「秘密分散法」を用いてデータを複数に分割することにより、セキュアにデータを保存するソフト「e-割符V3 Pro」を7月下旬より発売する。価格は、パッケージ版が1万290円、ダウンロード版が2980円。

同ソフトは、「秘密分散法」によりデータを複数に分割するセキュリティツール。分割された断片は「割符ファイル」と呼ばれ、それだけでは元のファイルを推測することができず、全ての「割符ファイル」が揃わないと復元できないため、重要データの運搬、保存時における情報漏洩のリスクを低減できる。

また、データを復元する際や元データに対してのセキュリティ機能や、不正コピーされた割符ファイルの復元を禁止する機能を利用することにより、さらに高度なセキュリティ設定が可能。

(Security NEXT - 2005/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性