Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress 6.4.2」が公開に - 脆弱性の修正を実施

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、現地時間12月6日に最新版となる「同6.4.2」をリリースした。

開発チームでは、今回のリリースをメンテナンスおよびセキュリティリリースと位置づけている。コア部分に明らかとなったバグ7件を修正したほか、セキュリティに関する1件の修正も含まれる。

今回修正された脆弱性は、コアにおいて直接悪用できないものの、一部プラグインを利用する環境においてリモートよりコードを実行されるおそれがある。特にマルチサイトで利用している場合に影響が大きいとしている。

12月11日の時点でアップデートのリリースは「同6.4」系統のみで、他系統へのリリースはなかった。開発チームは利用者に対して早急に更新を行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
iOS向けLINEアプリの「金融系モジュール」に脆弱性 - アップデートで修正済み
能登半島地震被災地域の登録セキスペ、登録更新申請期限迫る
添付ファイルと宛先の確認不足が重なる誤送信が発生 - 大塚商会
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
WP向け操作ログ記録プラグインにSQLi脆弱性 - パッチ未提供
グリコでシステム障害、冷蔵食品を出荷停止 - 再開は5月中旬予定
2024年1Qの脆弱性届け出は243件 - 前四半期比約2割減
教員や学生宛てのメールで個人情報含むファイルを誤添付 - 山口大
「Node.js」向けMySQLクライアントにRCE脆弱性